プリンターのインクは使わなくても消耗

年賀状にもプリンター

我が家のプリンターは主にレーベル印刷に使っています。
子供向けの番組をディスクにするので、わかりやすくカラーで画像作成、印刷しています。これが積もり積もってじわじわとインクを消耗させています。
プリンターは、起動時にインク詰まりを防ぐために毎回ちょっとづつインクが排出されているようです。我が家ではそれがわずらわしいのでずっと電源オンです。
それでも毎回使い始めに少し排出されているようですが。
レーベル印刷に緊急性はないのでプリントできなくても特に困りませんが、困るのは年賀状シーズンです。
ある年の12月、明日までに郵便局に年賀状を出さないと元日に届かないというときにプリンターが故障しました。絶望しました。今時分はネットで頼んで出すこともできるのですが、どっちにしてももう元日に間に合わない。
我が家では純正インクは高いので、互換性のあるインクを使っていました。故障時に純正インクを使っていれば保障内で無料修理してくれたのですが、そうではないので実費修理になってしまいました。追い討ちでした。ですが、それ以降純正インクのみで使用するようになってからエラーを出すことはなくなりました。
インクは互換性のある物を使って壊れたら買い換えるのと、高い純正インクを使って一つのプリンターを長持ちさせるのはどちらがコスパ的に正解なのか分かりませんが、純正というだけのことはあるな、と思ったのでした。

リサイクル品の許可

プリンターのインクって高価ですよね。
合計したら、本体価格より高くなるんじゃないかってくらいです(確実に超えています)
しかもすぐになくなるんですよね。
一時期、自宅のプリンターで印刷するものが多かったのですが、最近はたまにしか使いません。
それで気が付いたのですが、使えばもちろん減りますが、使わなくても減るのです。
つまり、数回使っただけでインクは使えなくなるのです。
インクは使わなくても消耗するように出来ているのです。
使わなくても消耗するなら使った方がいいのですが、紙ベースで必要なことって日常的にはあまりないですよね。
さて、最近はリサイクルのインクも販売されています。
基本的にメーカーは純正商品を使うようにすすめていますから、リサイクル商品をセットすると異物を入れているような反応をしてきます。
インクの残量もなしで表示しますし、印刷するときは必ずエラーから始まり、印刷するまで長い間騒音を発する時もあります。
リサイクル商品を利用して壊れても責任持ちませんから!的なことも書いてあります。
しかし、インクは高すぎる、何度も言いますが、すぐなくなるのです。
だったら、リサイクル商品で済ませたいというのが心情ではないでしょうか。
違法品として販売されているわけではないわけですから、リサイクルはリサイクルで使用を認めてもらえるともっと使いやすくなるでしょう。